会社方針

 

JCTの理念

  FN027_L1 「自然とともに生きる」
  • 自然とともに生きることは極端な退化を指したものではなく、今日における様々な技術革新と文化を活かし、より優れた未来を創る進化を指します。
  「循環型社会の実現」
  • 弊社は持続可能な社会の実現に貢献するために、木炭、木質炭素の利用通して炭素循環を行います。

 

CEOメッセージ

皆様は「地球の出」という写真をご存知でしょうか? 1968年に宇宙飛行士ウィリアム・アンダースが撮影した月からみた地球の写真のです。 普段私たちが生活している地球は広大に感じますが、月という隣の天体から宇宙を背景に写った地球はとても小さく、はかないものに見えます。 私たちはここに生きています。ここでしか生きられないのです。 この地球で快適に暮らすことが出来る場所がどのくらいあるでしょうか。

現在の自然環境の変化を実感している方も多いかと思います。 私は自然の中で、木炭の製造をしながら木炭を通してこの現状に何が出来るのかを考えていました。ご存知の方も多いと思いますが、木炭はカーボンニュートラルです。 木炭を燃焼させても発生した二酸化炭素は、次の樹木の成長に使われ、木炭の能力を活かした床下調湿剤のような製品を使えば、炭素は固定され二酸化炭素は削減されます。

この他にも、木炭の可能性を追求し続けていきます。

弊社が行うことは、目には見えづらいものです。10年、20年では大きな変化は無いかもしれません。しかし、こうした企業活動を通じて少しでも多くの方に木炭を使用していただくことで、より良い環境を次の世代へつなげることを考えています。

市川 忠義